Jacascript が無効になっています。
当サイトのコンテンツを閲覧頂くには、Javascriptを有効に設定していただく 必要がございます。

公開講座ご案内

HOME > 公開講座ご案内

公開講座ご案内




2024年度 集合研修



研修種類集合研修
認識番号G05A503007
開催期日2024年6月9日(日) 10:00〜11:30
テーマ薬剤師のための栄養講座 -管理栄養士との連携のために- 栄養と疾患
講師名女子栄養大学栄養学部教授 
上西 一弘 先生
概要【研修目的】
地域の患者や住民の健康サポートには、治療薬ばかりではなく、食事・運動・睡眠に関する生活習慣のアドバイスも重要となる。特に食事指導については管理栄養士との連携が必須であり、その橋渡しのために薬剤師の栄養学に対する基本的な知識が求められる。本研修会では、栄養と疾患に関する知識習得を獲得することを目的とする。

【研修到達目標】
本研修会の到達目標は、栄養と疾患に関する知識習得により、日々の服薬業務の中から栄養指導を必要とする患者を見出し、その指導を管理栄養士につなげることである。

【内容】
1. 脂質異常症の病態
2. 脂質異常症患者に対する栄養指導
3. 糖尿病の病態
4. 糖尿病患者に対する栄養指導
5. 骨粗鬆症の病態
6. 骨粗鬆症患者に対する栄養指導
7. 栄養指導における薬剤師と管理栄養士との連携方法
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数200名
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2024年3月28日(木)〜2024年5月30日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A302008
開催期日2024年6月9日(日) 13:00〜14:30 
テーマ令和6年度調剤報酬改定セミナー 〜新制度の総点検しませんか?〜
講師名東邦ホールディングス株式会社 ファーマジョイ東海 課長 
宮崎 剛 先生
概要【研修目的】
6月1日より令和6年度調剤報酬改定が実施され、保険薬剤師は新たな調剤報酬制度の変更点を理解し、遵守することが求められる。
本研修はこれらの変更点や新たに評価された業務に焦点を当て、調剤業務をどのようにシフトする必要があるのかについて学習し、参加者の新制度への順応を支援する。

【研修到達目標】
・新制度に対応するための要点を理解する
・勤務する保険薬局において新制度に対応した業務に適合出来ているのかを検討し、改善が必要ならその点を見出し提案できる。

【内容】
1. 取り組みが求められている薬剤師業務
2. 新たに定められた・変更された薬剤師業務
3. 最新Q&A情報
4. 質疑応答
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数500名
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2024年3月28日(木)〜2024年5月30日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A607010
開催期日2024年6月16日(日) 9:30〜11:00 
テーマ薬局薬剤師に求められるがん患者への対応と役割
講師名中津市立中津市民病院 診療部 薬剤科 
上ノ段 友里 先生
概要【研修目的】
がんは現在、2人に1人の割合で罹患する身近な疾患である。治療方法は外来化学療法が主流となり、病院薬剤師と薬局薬剤師が連携することで、副作用の早期発見に貢献することができる。一方でトレーシングレポートの活用が十分になされていない現状がある。
この研修では薬局薬剤師として、がん治療の基礎知識や副作用モニタリング、トレーシングレポートの重要性を学び、がん患者への貢献を目指すことを目的とする。

【研修到達目標】
・薬剤師の職能を認識し、チームの中での重要性を理解できる。
・最近のがん治療やがんに関する法律・診療報酬を理解できる。
・患者とコミュニケーションを通じて副作用の兆候を確認できる。
・副作用などを学術的考察し、回避方法などを医療スタッフに
情報提供にて提案できる。

【内容】
1. がん対策基本法と薬局に関する社会的側面
2. がん治療に関すること(治療レジメン)
3. がん治療に関すること(代表的な副作用と副作用評価CTCAE)
4. がん治療に関すること
 (報告方法、トレーシングレポートについて)
5. 症例を通じて薬剤師の介入方法を考える
6. がん患者の治療に薬局薬剤師として貢献するには
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数100名
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2024年3月28日(木)〜2024年6月6日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A109009
開催期日2024年6月16日(日) 11:30〜13:00 
テーマ『誰も教えてくれなかった実践薬学管理』講座
講師名合同会社ファーマエディタ 代表社員 
山本 雄一郎 先生
概要【研修目的】
症例や薬歴を通じて、服薬指導や薬歴の意義をともに考える

【研修到達目標】
・患者背景を反映した薬歴記載ができるようになる
・薬学的知識を活かした服薬指導ができるようになる

【内容】
1. プロブレムとクラスタリング
2. 症例検討会でプロブレムを追ってみる
3. どのような患者にフォローアップをすればよいですか?
4. RMPをご存知ですか?
5.  服薬指導例@ABを通して
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数100名
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2024年3月28日(木)〜2024年6月6日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A316006
開催期日2024年6月23日(日) 10:00〜11:30 
テーマ今知りたい男性の健康課題〜身体疾患からメンタルヘルスまで〜
講師名産業医・産婦人科医・医療ジャーナリスト
平野 翔大 先生
概要【研修目的】
女性の健康が叫ばれる世の中で、これまで男性基本に進んできた医学ではあるが、男性特有の健康課題については意外に取り組みが進んでいない現状もある。本研修ではこのような「性差医療」について、身体的な疾患の理解のみならず、メンタルヘルスなど精神的な特徴も理解することで、今後の対応力の向上につなげる。

【研修到達目標】
男性に生じやすい疾患やその傾向・予防について理解し、同時に薬局窓口などにおいて相談を受けた場合に、その徴候についての知識を習得する。
また男性のメンタルヘルス上の特徴について理解し、情報提供や聞き出しの手法に工夫が必要な点について理解する。

【内容】
1.男性の健康課題総論・性差医療について
2.男性のメンタルヘルス・接し方
3.生活習慣病の性差・気をつけるべき点・日常での対処
4.がん(男性に特有のがん・症状・治療・症状/前立腺・胃食道など)
5.男性更年期(症状・診断基準・聞き方など)
6.まとめ
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数500名
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2024年3月6日(水)〜2024年6月17日(月)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A312011
開催期日2024年6月23日(日) 13:00〜14:30 
テーマ統合失調症と治療薬について
講師名兵庫医科大学病院 薬剤部 薬剤師
徳谷 晃 先生
概要【研修目的】
統合失調症の治療は、薬物治療、リハビリテーションを組み合わせて総合的に行うが、薬物治療が治療のおいて占める割合は大きい。そこで本研修では、統合失調症の病態を理解し、その治療薬についての理解を深めることで薬局のおける服薬指導などに活かすことを目的とする。

【研修到達目標】
・統合失調症の病態について説明できる
・統合失調症治療薬の効果について説明できる
・統合失調症治療薬の副作用について説明できる
・統合失調症治療薬の薬理作用について説明できる

【内容】
1.統合失調症の病態について
2.統合失調症治療薬の効果について
3.統合失調症治療薬の副作用について
4.統合失調症治療薬の薬理作用について
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数250名
開催場所@ホテルグリーンパーク津 伊勢安濃の間(〒514-0009 三重県津市羽所町700)
Aオンライン(zoom)
募集期間2024年3月28日(木)〜2024年6月13日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み



2024年度 オンデマンド(E-ラーニング)研修


研修種類オンデマンド研修
認識番号G05E502003
開催期日2024年3月1日(金)〜2025年4月30日(水)
テーマ薬剤師のための栄養講座 -管理栄養士との連携のために- @
講師名女子栄養大学 栄養学部 教授
上西 一弘 先生 
概要【研修目的】
地域の患者様や住民の健康サポートには、治療薬ばかりではなく、食事・運動・睡眠に関する生活習慣のアドバイスも重要となる。特に食事指導については管理栄養士との連携が必須であり、その橋渡しのために薬剤師の栄養学に対する基本的な知識が求められる。本研修会では、薬剤師の栄養学に関する知識習得と連携スキルを獲得することを目的とする。

【研修到達目標】
・各栄養素の特徴について理解する。
・栄養素をどれくらい摂取すれば良いのか説明できる。
・必要な情報をガイドライン等から収集できる。

【内容】
栄養素の基礎
・「栄養」と「栄養素」の違い、各栄養素の特徴
食品とカロリー
・食品に含まれる栄養素について
日本人の食事摂取基準 他
・「食事摂取基準」、「食品成分表」等に基づき解説
単位数1単位(本研修は一般社団法人ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターとの共催の研修会となります。他プロバイダーで同一講義を受講しての受講シールの重複申請はできません)
受講後アンケートの提出締め切りは、2025年3月31日(月)24:00迄です。
講義中に表示されるキーワード2つを受講後アンケートフォームより申請をお願いいたします。
受講料1,100円
募集人数150名
開催場所オンデマンド配信(YouTube)
募集期間2024年1月15日(月)〜2025年4月30日(水)
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類オンデマンド研修
認識番号G05E502004
開催期日2024年4月1日(月)〜2025年5月31日(土)
テーマ薬剤師のための栄養講座 -管理栄養士との連携のために- A
講師名女子栄養大学 栄養学部 教授
上西 一弘 先生 
概要【研修目的】
地域の患者様や住民の健康サポートには、治療薬ばかりではなく、食事・運動・睡眠に関する生活習慣のアドバイスも重要となる。特に食事指導については管理栄養士との連携が必須であり、その橋渡しのために薬剤師の栄養学に対する基本的な知識が求められる。本研修会では、薬剤師の栄養学に関する知識習得と連携スキルを獲得することを目的とする。

【研修到達目標】
・食育の重要性について理解する。
・食事と疾患などの関係性について理解する。
・特定の患者背景における、栄養摂取について指導できる。

【内容】
現在の日本における食育に関する取り組み
・健康を保持、増進のための栄養摂取
・食生活の多様化の中で、食育の重要性
・食育の生きた教材としての、小中学校の学校給食
食事と疾患の関係性について
・「栄養不良の二重負荷」「新型栄養失調」という新しいキーワード
・食事と肥満、若年女性の痩せ、高齢者フレイル
・特定の患者背景に基づく指導・推奨される対応
単位数1単位(本研修は一般社団法人ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターとの共催の研修会となります。他プロバイダーで同一講義を受講しての受講シールの重複申請はできません)
受講後アンケートの提出締め切りは、2025年4月30日(水)24:00迄です。
講義中に表示されるキーワード2つを受講後アンケートフォームより申請をお願いいたします。
受講料1,100円
募集人数150名
開催場所オンデマンド配信(YouTube)
募集期間2024年2月1日(木)〜2025年5月31日(土)
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


2024年度 総合研修 受講者募集

◆総合研修とは◆

主に新任薬剤師を対象に、2年間をかけ、調剤 ・ 一般用医薬品 ・ コミュニケーションの3つの要素を
総合的かつ体系的に学ぶ、実務即応・問題解決型の研修です。
講師陣も、薬学分野ばかりでなく、医師・看護師・臨床検査技師・管理栄養士・臨床心理士など、
幅広い分野から招いています。


総合研修U-@

単位認識コード 単位数
G05B211101〜G05B212102 6単位(1日3単位)
開催地区 開催日時 受講料 募集人数 申し込み期限
1回目 2024年4月3日(水)〜4月4日(木)
1日 13,200円
170 締め切らせていただきました
2回目 2024年4月10日(水)〜4月11日(木) 170 締め切らせていただきました
3回目 2024年4月17日(水)〜4月18日(木) 160 締め切らせていただきました
主な研修プログラム 講師
  • ●緊急避妊薬
  • ●西洋ハーブ医薬品
  • ●HPVワクチン
  • ●最近話題の健康素材(女性の健康課題、ベビー栄養)
  • ●一般用漢方薬概論 2
  • ●泌尿器関連の一般用医薬品
  • ●医薬品適正使用のために薬剤師に求められるもの
  • ●聴覚障がいのある患者さんとのコミュニケーション
  • ●一般社団法人 医薬品適正使用・乱用防止推進会議 副理事/薬剤師
    小島 尚 先生
  • ●製薬企業学術講師
  • ●企業学術講師

※2日間の研修です。