Jacascript が無効になっています。
当サイトのコンテンツを閲覧頂くには、Javascriptを有効に設定していただく 必要がございます。

HOME > 講座申込 > 公開講座ご案内

公開講座ご案内



2021年度 集合研修

研修種類集合研修
認識番号G05A201015
開催期日2022年1月15日(土) 19:30〜21:00 
テーマ第1回ワールドフォーラムinコミュニティファーマシー
ドイツではOTC医薬品である「緊急避妊薬」 薬局における相談販売の重要ポイント
講師名ドイツセントラルアポテーケ開設者
アッセンハイマー・慶子 先生
概要その作用機序と有効性から避妊失敗後すみやかな服用が望まれる緊急避妊薬、レボノルゲストレルのOTC化検討が日本で急速に進んでいます。OTC化が実現されると、その相談販売を担い、使用の適正を見極め、場合によっては、産婦人科医への受診をすすめる薬剤師の役割と責任は大きくなります。
日本のモラル、性教育状況といった背景から扱いにくいとされてきた緊急避妊薬ではありますが、女性、特に未成年の保護と権利のため、国民の健康を守り、医薬品のスペシャリストである薬剤師が真剣に取り組む課題であります。
ドイツでは、2015年3月より緊急避妊薬がOTC医薬品となりました。選択肢にレボノルゲストレルか酢酸ウリプリスタール含有の2製剤があります。EU圏内では遅いスタートであり、ドイツの薬剤師は短い準備期間で相談販売に備えることとなりました。その経過や相談販売における重要ポイント、服用後の避妊法指導に懸命に取り組むドイツ薬局の状況をお伝えしたいと思います。
※今回は無料のセミナーになりますので、資料の配布はございません。
単位数1単位(各団体の研修受講シールを重複して申請することはできません)
※当日発表されるキーワード2つを受講後アンケートフォームより申請をお願いいたします。
受講料無料 ※受講シールおよび受講証明書の発行手数料として550円(税込み)を申し受けます。
募集人数200名
お申込み /「第1回ワールドフォーラムinコミュニティファーマシー」の受講は複数の窓口で可能です。
各団体のHP等でご確認ください.
共催一般社団法人 日本コミュニティファーマシー協会(JACP)
一般社団法人 イオン・ハピコム人材総合研修機構
一般社団法人 ソーシャルユニバーシティ
開催場所オンライン(Zoom)
募集期間2021年12月9日(木)〜2022年1月5日(水)※定員になりましたので締め切らせていただきました
使用可能な クレジットカードイオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

研修種類集合研修
認識番号G05A113010
テーマ服薬指導・薬歴研修 「処方解析」
講師名北海道科学大学 薬学部 薬学科 臨床薬学部門 臨床薬剤学分野
山下 美妃 先生
概要 【研修目的】
薬剤師に求められる質の高い調剤業務のうち、特に対人業務において重要となる「服薬指導」・「薬歴管理」の本質を理解し、その実践力を身につけることで、かかりつけ薬局の薬剤師として、患者に安全かつ効果的な薬物療法を真に提供できる薬剤師になる。

【研修到達目標】
継続的な薬学的管理を実践するため、ガイドラインを用いて患者を分類し、患者個々の問題点を設定することができる。
ガイドラインを意識した服薬指導を行い、引き出すべき患者情報の優先順位を考えることができる。

【内容】
※グループワークがございます。
1.POS理論に則ったSOAP形式での薬歴記載【総論】
2.治療アセスメントとプロブレムの抽出
3.ガイドラインに基づく治療内容の評価
単位数3単位
受講料3,300円
募集人数40名
開催期日2022年1月23日(日)12:00〜17:00 
開催場所オンライン(Zoom)
募集開始2021年10月29日(金)〜2022年1月14日(金)※定員になり次第締め切ります
使用可能な
クレジットカード
イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A113012
テーマ薬局薬剤師のあるべき姿 〜服薬フォローアップの実践〜
講師名北海道科学大学 薬学部 薬学科 臨床薬学部門 臨床薬剤学分野
山下 美妃 先生
概要 ※この研修は、2022年3月13日(日)の研修と同じ内容となります。
【研修目的】
薬剤師が地域包括ケアシステムの中で役割を果たすためには、患者に対して一元的・継続的な薬物療法を提供することが重要とされている。質の高い薬物療法を提供するためには、患者の薬物療法上の問題点を明らかにし、その問題点を解消するために継続的なアプローチを行う必要がある。この問題点の抽出と解消のためアプローチを実践できる薬局薬剤師を目指す。

【研修到達目標】
@収集した患者情報とガイドラインを活用した治療アセスメントから、患者のプロブレム抽出ができる。
A抽出したプロブレムを解消するための管理計画を立案することができる。
Bプロブレムに対する管理計画を薬歴記載、服薬指導、医師への報告などの形で実行に移すことができる。

【内容】
※グループワークがございます。 
1.服薬指導・薬歴研修の振り返り
2.喘息予防・管理ガイドラインに基づいた治療アセスメントの実践
3.患者のプロブレム解消にむけた管理計画の立案
単位数3単位
受講料3,300円
募集人数30名
開催期日2022年2月27日(日) 12:00〜17:00 
開催場所オンライン(Zoom)
募集開始2021年10月29日(金)〜2022年2月10日(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な クレジットカードイオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


研修種類集合研修
認識番号G05A401013
テーマ在宅でよくある病態管理 『便秘と脱水』
講師名医療法人社団 高栄会 みさと中央クリニック 理事長
橋 公一 先生
概要 【研修目的】
高齢化率の急激な上昇や自宅療養のニーズの増加に伴い、在宅医療の重要性は年々高まっている。薬剤師もその専門性を活かし、在宅医療を担うチームの一員となることが求められている。在宅医療の現場で頻繁にみられる便秘と脱水について患者管理に必要な知識を学ぶ。

【研修到達目標】
便秘の捉え方を理解し、在宅医療の現場で非常に重要な排便コントロールについて具体的なアプローチができる。
高齢者は加齢による生理学的な変化に伴い水分保持能力や食欲の低下、口喝中枢機能や腎臓機能の低下などから季節にかかわらず脱水症を呈する危険性があることを理解できる。

【内容】
《便秘》
・便秘の捉え方
・排便コントロールとアセスメント
 食事や水分の摂取確認、運動指導、便秘薬の選択、
 その他の薬剤の使用等の関連性について
《脱水》
・利尿剤の適正使用
・脱水状態での易感染、誤嚥性肺炎の実際について

医師の処方意図を知り、薬剤師の患者へのアプローチについて考え方を学びます
また、症例を通してポリファーマシーの考え方、減薬の取り組みについても解説します
単位数1単位
受講料1,100円
募集人数150名
開催期日2022年2月25日(金) 19:30〜21:00 
開催場所オンライン(Zoom)
募集開始2021年11月29日(月)〜2022年2月10(木)※定員になり次第締め切ります
使用可能な クレジットカードイオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み

研修種類集合研修
認識番号G05A113012
テーマ薬局薬剤師のあるべき姿 〜服薬フォローアップの実践〜
講師名北海道科学大学 薬学部 薬学科 臨床薬学部門 臨床薬剤学分野
山下 美妃 先生
概要 ※この研修は、2022年2月27日(日)の研修と同じ内容となります。
【研修目的】
薬剤師が地域包括ケアシステムの中で役割を果たすためには、患者に対して一元的・継続的な薬物療法を提供することが重要とされている。質の高い薬物療法を提供するためには、患者の薬物療法上の問題点を明らかにし、その問題点を解消するために継続的なアプローチを行う必要がある。この問題点の抽出と解消のためアプローチを実践できる薬局薬剤師を目指す。

【研修到達目標】
@収集した患者情報とガイドラインを活用した治療アセスメントから、患者のプロブレム抽出ができる。
A抽出したプロブレムを解消するための管理計画を立案することができる。
Bプロブレムに対する管理計画を薬歴記載、服薬指導、医師への報告などの形で実行に移すことができる。

【内容】
※グループワークがございます。 
1.服薬指導・薬歴研修の振り返り
2.喘息予防・管理ガイドラインに基づいた治療アセスメントの実践
3.患者のプロブレム解消にむけた管理計画の立案
単位数3単位
受講料3,300円
募集人数30名
開催期日2022年3月13日(日) 12:00〜17:00 
開催場所オンライン(Zoom)
募集開始2021年10月29日(金)〜2022年3月4日(金)※定員になり次第締め切ります
使用可能な クレジットカードイオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み



研修種類集合研修
認識番号G05A702014
テーマ令和4年度調剤報酬改定のポイントと改定から読み解く薬剤師に求められる役割
講師名日本医療保険研究所株式会社 代表取締役
入江 真理 先生
概要 【研修目的】
2015年に示された「患者のための薬局ビジョン」を実現するために、薬機法の改正や、調剤報酬の改定を始めとした制度変更が行われている。
厚生労働省の資料で示されている課題や重要なトピックを取り上げ、薬剤師の視点から見た令和4年度の改定内容と国が求める薬剤師の役割を解説する。

【研修到達目標】
診療報酬は、国が薬局・薬剤師に求める業務に対し正当な点数をつけることにより薬剤師のやるべき業務を明確化していることを理解できる。
調剤報酬改定に伴う薬歴算定要件について概説することができる。

【内容】
1. 基本方針について 
  「患者のための薬局ビジョン」が示された2015年からの動向を復習
2. 令和4年度診療報酬改定について
  前回の改定からの動向・方向性
  今回の調剤報酬改定のポイント
3. 国が求める薬局・薬剤師の役割について
  地域医療に貢献する薬局・薬剤師
単位数2単位
受講料2,200円
募集人数300名
開催期日2022年3月27日(日) 9:30〜12:40 
開催場所オンライン(Zoom)
募集開始2021年11月29日(月)〜2022年3月11日(金)※定員になり次第締め切ります
使用可能な クレジットカードイオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

 

お振込みでのお申込み

クレジットカード払いでお申込み


2021年度 総合研修 受講者募集

◆総合研修とは◆

主に新任薬剤師を対象に、2年間をかけ、調剤 ・ 一般用医薬品 ・ コミュニケーションの3つの要素を
総合的かつ体系的に学ぶ、実務即応・問題解決型の研修です。
講師陣も、薬学分野ばかりでなく、医師・看護師・臨床検査技師・管理栄養士・臨床心理士など、
幅広い分野から招いています。


総合研修T-D

単位認識コード 単位数
G05B151113〜G05B153115 6単位(1日2単位)
開催地区 開催日時 受講料 募集人数 申し込み期限
オンライン1回目 2022年1月15日(土)〜1月17日(月)
1日 13,860円
140 2022年1月7日(金)
オンライン2回目 2022年1月22日(土)〜1月24日(月) 140 2022年1月14日(金)
オンライン3回目 2022年1月29日(土)〜1月31日(月) 140 2022年1月21日(金)
主な研修プログラム 講師
  • ●保険薬局/ドラッグストア薬剤師に求められること
  • ●サプリメント・一般医薬品を含めた医薬品情報の収集(評価)と薬剤師の役割
  • ●医薬品適正使用のための情報提供〜副作用の早期発見を目指して〜
  • ●医薬品適正使用のための情報提供〜妊婦・授乳婦の安全使用〜
  • ●医療用麻薬の適正使用と緩和医療について
  • ●薬剤師が行う栄養指導〜脂質栄養の視点から考える〜
  • ●地域づくりにおける薬剤師の役割《未来の薬剤師に期待されていること》
  • ●認知症 店舗での気付きと対応
  • ●介護保険制度の基礎・地域の中での薬剤師の役割
  • ●薬剤師が行う栄養指導〜スポーツとたんぱく質・アミノ酸〜
  • ●現代社会の2つの大きな栄養課題:肥満と低栄養〜脂質栄養の視点から考える〜
  • ●接客カウンセリング
  • ●明治薬科大学 教授  町田 いづみ 先生
  • ●名城大学 薬学部 教授  大津 史子 先生
  • ●一般社団法人 医薬品適正使用・乱用防止推進会議  下田 耕司 先生
  • ●白岡市地域包括支援センター センター長 福田 英二 先生
  • ●製薬企業学術講師
  • ●企業学術講師
  • ●イオン・ハピコム人材総合研修機構 他

※3日間の研修です。

※クレジットカード支払いご希望の方は、メール送信時に明記ください。別途、ご案内いたします。
 ご利用可能なクレジットカード:イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

お申込み

総合研修U-B

単位認識コード 単位数
G05B231116〜G05B233118 6単位(1日2単位)
開催地区 開催日時 受講料 募集人数 申し込み期限
オンライン1回目 2022年2月5日(土)〜2月7日(月)
1日 12,760円
140 2022年1月28日(金)
オンライン2回目 2022年2月12日(土)〜2月14日(月) 140 2022年2月4日(金)
オンライン3回目 2022年2月19日(土)〜2月21日(月) 140 2022年2月11日(金)
主な研修プログラム 講師
  • ●健康サポート薬局の薬剤師を目指す
  • ●救急・感染対策に関する基礎知識
  • ●薬局の評価を上げるクレームマネジメント
  • ●医療従事者の安全のために〜抗がん薬曝露対策〜
  • ●統計学や薬物動態学の知識を使って添付文書情報を患者ケアに応用する
  • ●認知症 店舗での気付きと対応
  • ●聴覚障がいのある方へのコミュニケーション
  • ●患者への栄養指導(がん種別)の際の薬剤師に気づいてほしいこと〜がん患者の「生きる力」をサポートしたい〜
  • ●患者心理を知る 〜がん患者に寄り添う薬剤師へ〜
  • ●明治薬科大学 セルフメディケーション学研究室 教授 石井 文由 先生 / 今中 侑子 先生
  • ●京都橘大学 健康科学部 救急救命学科 教授 平出 敦 先生 / 窪田 愛恵 先生
  • ●帝京平成大学 薬学部 教授 井手口 直子 先生
  • ●城西国際大学 薬学部 教授 山村 重雄 先生
  • ●大妻女子大学 家政学部 食物学科 教授 川口 美喜子 先生
  • ●帝京平成大学 薬学部 教授 小原 道子 先生
  • ●製薬企業学術講師
  • ●企業学術講師

※3日間の研修です。

※クレジットカード支払いご希望の方は、メール送信時に明記ください。別途、ご案内いたします。
 ご利用可能なクレジットカード:イオンカード、VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

お申込み